サイトアイコン SSコンサルタント合同会社

プロセスアプローチとは   前編

1.プロセスについて

(1)Aプロセス

ISO 9001の序文0.3プロセスアプローチには以下の記載があります。プロセスアプローチは,組織の品質方針及び戦略的な方向性に従って意図した結果を達成するために,プロセス及びその相互作用を体系的に定義し,マネジメントすることに関わる。PDCAサイクル(0.3.2参照)を,機会の利用及び望ましくない結果の防止を目指すリスクに基づく考え方(0.3.3参照)に全体的な焦点を当てて用いることで,プロセス及びシステム全体をマネジメントすることができる。
品質マネジメントシステムでプロセスアプローチを適用すると,次の事項が可能になる。

a) 要求事項の理解及びその一貫した充足
b) 付加価値の点からの,プロセスの検討
c) 効果的なプロセスパフォーマンスの達成
d) データ及び情報の評価に基づく,プロセスの改善

プロセスアプローチはISO9001規格の中心的な概念であり、組織が意図する結果を達成するためにプロセスを体系的に定義し、その相互作用を理解し、改善する方法を提供しています。具体的は、「4.4品質マネジメントシステム及びそのプロセス」に書かれています。

4.4.1 組織は,この規格の要求事項に従って,必要なプロセス及びそれらの相互作用を含む,品質マネジ

メントシステムを確立し,実施し,維持し,かつ,継続的に改善しなければならない。

組織は,品質マネジメントシステムに必要なプロセス及びそれらの組織全体にわたる適用を決定しなけ

ればならない。また,次の事項を実施しなければならない。

a) これらのプロセスに必要なインプット,及びこれらのプロセスから期待されるアウトプットを明確に

する。

b) これらのプロセスの順序及び相互作用を明確にする。

c) これらのプロセスの効果的な運用及び管理を確実にするために必要な判断基準及び方法(監視,測定

及び関連するパフォーマンス指標を含む。)を決定し,適用する。

d) これらのプロセスに必要な資源を明確にし,及びそれが利用できることを確実にする。

e) これらのプロセスに関する責任及び権限を割り当てる。

f) 6.1の要求事項に従って決定したとおりにリスク及び機会に取り組む。

g) これらのプロセスを評価し,これらのプロセスの意図した結果の達成を確実にするために必要な変更

を実施する。

h) これらのプロセス及び品質マネジメントシステムを改善する。

a)~e)の5項目の要求事項は「組織のプロセスを体系的に定義」して「相互作用を理解」することであります。その概念は、序文0.3.1の「図1-単一プロセスの要素の図示」で示されていますが、よりプロセスを可視化して理解が深まるツールとして、タートル図を活用するのも良いかもしれません。以下に弊方が作成したタートル図の様式を記載しますので、参考にして下さい。

モバイルバージョンを終了